統合イベントの送信

イベントを送信する

SDKのインストール の後、アプリケーションのユーザーアクションイベントをFintezaに送信できます。 これを行うには、イベントの文字列名を指定する event メソッドを使用します。

Finteza.event("{EVENT}")

イベント名を {EVENT} に設定します。 アプリケーション名付きのプレフィックス を使用すると、送信されたすべてのイベントに追加されます。

セクションに移動する、ボタンを押す、フォームにインプットするなど、アプリケーションで必要なイベントの後にこの関数を呼び出します。

プレフィックスを含むイベント名の最大許容長は128文字です。


イベントパラメータの追加データ

Fintezaに送信されるイベントでは、追加のデータをパラメータとして指定できます。たとえば、購入した商品の種類、価格、通貨などです。

Finteza.event("{EVENT}", id: "{ID}", units: "{UNITS}", value: "{VALUE}")

イベント名を {EVENT} に設定します。 次に、次のパラメータを指定します。

パラメータ

タイプ

詳細

id

string

ランダムID. 最大長は64シンボルです。 このIDの使用を避けるには、  null  を指定します。

units

string

パラメータ測定単位、たとえば、USD、アイテムなどです。 最大長は32シンボルです。

value

number

パラメータの値。 最大長は64シンボルです。

例:

Finteza.event("Book Load", id: "CATEGORY_ID", units: "BOOKS", value: "BOOK_ID")
Finteza.event("First Book Open", id: null, units: "Count", value: String(42))

アプリ内購入とeコマースの高度なイベントアカウンティングモデルは、今後追加される予定です。


チケットの無効化 #

アプリケーション内でイベント登録を一時的に無効にするには、 Finteza.setTracking メソッドを false 値と共に使用します

Finteza.setTracking(false);

その後、 event 関数を介して登録されたすべてのイベント(パラメータを持つものを含む)は無視され、Fintezaに送信されません。

イベントの送信を再度有効にするには、 true にし、同じメソッドを呼び出します:

Finteza.setTracking(true);