統合Finteza SDKASP.NETウェブサーバープロキシリクエスト

プロキシリクエスト

SDKの目的の1つは、Webサイト経由でFintezaにリクエストをプロキシすることです。詳細については、「 スクリプトとリクエストのプロキシ 」セクションをご覧ください。

プロキシを有効にするには、Finteza.RegisterAnalytics初期化メソッドのメインパラメータに加えて、関連するプロキシパラメータを設定します。

Finteza.RegisterAnalytics(websiteId: "{WEBSITE_ID}", token: "{TOKEN}", path: "{PATH}");

パラメータ

タイプ

詳細

token *

string

X-Forwarder-Forヘッダに署名するためのトークン。この値は、FintezaパネルのWebサイト設定で取得できます。カウンタ セクションを開き、[スクリプトとリクエストのプロキシ]オプションを有効にし、[プロキシ トークン]フィールドから値をコピーします。

 

プロキシする場合、Fintezaへのすべてのリクエストは、クライアントから直接ではなく、Webサイトのサーバーから物理的に送信されます。(サイトアドレスだけでなく)クライアントの実際のIPアドレスをFintezaに渡すために、SDKはX-Forwarder-Forヘッダを使用します。

 

リクエストのなりすましによるトラフィックの増加を防ぎ、Webサイトへのアクセスに関する実際のデータのみを提供するために、Fintezaはリクエストのヘッダ署名をチェックします。ヘッダが一意のWebサイトトークンで署名されている場合、システムはその値を信頼します。それ以外の場合、トラフィックは「インフレ」していると見なされます(トラフィックレポートは、FintezaパネルのQuality Webサイトセクションで利用できます)。

path

string

プロキシされるリクエストのパスの始まり。パラメータが指定されていない場合は、デフォルトの/fzの値が使用されます。

 

以下は必要なトラッキングコードの変更です。Fintezaへのすべてのリクエストは、指定された先頭のパスに沿って実行されます。

* —必須パラメータ。

例:

Finteza.RegisterAnalytics(websiteId: "opemapikpuymgukzpihgweylppotinamyf", token: "joanmxozikjgeqlgguazmzoplankaqlg", path: "/fz");

Then, add the following line in the Web.config file, under the system.webServer/modules section:

<add name="FintezaAnalyticsProxyModule" type="FintezaAnalytics.ProxyModule" />

これはプロキシモジュールを有効にし、プロキシモジュールは受信リクエストを個別にルーティングし、分析リクエストのみをFintezaにプロキシします。

注: プロキシを構成した後トラッキング コードを変更します。


Increase your website revenue using:

Sign up to now and get a 30-day free access.

登録することにより、サービス規約に同意したことになります
おめでとうございます! アカウントが作成されました
  • 参照
    finteza.com
  • アカウント
    作成
  • メール
    確認
  • コード
    埋め込み

{email}にメールを送信しました。 メールから、アカウントを有効にしてください

その後、ログインしてトラッキングコードをサイトにインストールするだけで十分です。 とても簡単です: