統合スクリプトとリクエストのプロキシ

スクリプトのプロキシおよびリクエストの追跡

ウェブサイトとは異なるドメイン名からトラッキングスクリプトをダウンロードすることは、サードパーティのダウンロードと見なされます。 そのようなリクエストは、AdBlock、AdGuard、および同様の拡張関数の助けを借りて、またユーザーアクショントラッキングと戦うために設計された組み込みのブラウザツールによって、ユーザー側でブロックされます。 さらに、すべてのAppleデバイスは、サードパーティのCookieを配置することを制限しているため、ユニークユーザーの統計が歪んでいます。

この問題を回避するには、次の方法でFintezaスクリプトのダウンロードをWebサイト経由でプロキシすることをお勧めします。

プロキシリクエスト

ここで、クライアント(ブラウザ)は、Fintezaから直接ではなく、独自のWebサイト経由でトラッキングコードとCookieを受け取ります。 この場合、ブロックは回避され、ユーザーの訪問を常に追跡できます。

プロキシは既製の SDK を使用して実行できます。 Webサーバーに必要なセットを インストール し、小さな トラッキングコードへの変更を挿入します

Finteza SDKの接続と設定 #

Webサーバー用のFinteza SDKセットには、いくつかのバージョンがあります。

適用する技術に応じて、適切なモジュールをプロジェクトに接続します。 それぞれの詳細なステップに関するリンクは上記で提供されています。

トラッキングコードの変更 #

SDKを挿入してプロキシを構成したら、Webサイトのすべてのページで Finteza JavaScriptクライアント挿入コード を変更し、ドメインから追跡スクリプトがダウンロードされるようにします。

(window,document,"script","{SCRIPT_URL}","fz");

コードの3番目の文字列の  {SCRIPT_URL}  にあるFintezaサーバーホストを、Webサイトホスト+  path に置き換えます 例:

(window,document,"script","https://www.yourdomain.com/fz/core.js","fz");

これで準備万端です。 これにより、クライアントとFinteza間のすべてのリクエストはWebサイトを介してプロキシされ、ブラウザによってブロックされなくなります。