統合インストール

追跡スクリプトをインストールする方法

トラッキングスクリプトを追加するには、ウェブサイトのページに小さなコードを挿入するだけです。Fintezaパネル でWebサイトを開き、設定に移動します:

ウェブサイトのトラッキングコードを取得する

トラッキングコードをコピーして、<head> </head>タグ内のすべてのWebサイトページに貼り付けます。

FintezaにWebサイトをまだ登録していない場合は、「Webサイト」セクションで「追加」をクリックします。 ウェブサイトの名前とアドレスを指定して、トラッキングコードをすぐに受け取ります。


ウェブサイトのすべてのページにトラッキングコードを挿入してください。挿入しないと、統計情報が不完全になります。


サンプル #

挿入コードは次のようになります。

<script type="text/javascript">
  (function(a,e,f,g,b,c,d){a[b]||(a.FintezaCoreObject=b,a[b]=a[b]||function(){(a[b].q=a[b].q||[]).push(arguments)},a[b].l=1*new Date,c=e.createElement(f),d=e.getElementsByTagName(f)[0],
   c.async=!0,c.defer=!0,c.src=g,d&&d.parentNode&&d.parentNode.insertBefore(c,d))})
  (window,document,"script","{SCRIPT_URL}","fz");
  fz("register","website","{WEBSITE_ID}");
</script>

コピーされたコードでは、  {SCRIPT_URL}  はFintezaサーバーからダウンロードされたメイントラッキングスクリプトのURLアドレスに置き換えられます。  {WEBSITE_ID}  はFintezaパネルのWebサイトIDに置き換えられます。

コードを挿入すると、  fz() 関数がWebページのメインコンテキストウィンドウに表示されます。 可用性を確認するには、コンソールで  window.fz  を実行します。 この関数は、Fintezaとデータのやり取りするためのメソッドを呼び出すために使用します。 ウェブサイトの登録例:

fz("register","website","{WEBSITE_ID}");

 fz  関数の名前がすでに使用されている場合は、別の名前を使用します。 これを行うには、メソッド宣言を変更し、トラッキングコードの2つの場所で呼び出します:

(window,document,"script","{SCRIPT_URL}","fz-your-name");
fz-your-name("register","website","{WEBSITE_ID}");

メインの追跡スクリプト(Fintezaサーバーからダウンロード)は、他の要素とは無関係に非同期でページに挿入されます。 したがって、メインページの読み込みが遅くなることはありません。

ウェブサイト登録パラメータ #

挿入コードには、Webサイト訪問イベントをFintezaに送信する  fz( "register"、...) 関数の呼び出しが含まれます。 この関数は追加パラメータをサポートしています:

パラメータ

タイプ

詳細

trackHash

boolean

Webページハッシュ(アンカー)変更追跡を有効にします。  
 
デフォルトでは、Webページ内のアンカーリンクを介した遷移は追跡されません。 Webページの最初のオープンのみがページビューと見なされます。 このアプローチは、コンテンツ全体が1つの長いページ(単一ページのアプリケーション)にあるWebサイトでは受け入れられない場合があります。

 

FintezaがWebページURLのハッシュ変更を追跡できるようにするには、このパラメータを有効にします。 ハッシュが変更されるたびに、新しいWebページ訪問イベントがシステムに送信されます。

trackLinks

boolean

ウェブサイトのページにある外部リンクのクリックの追跡を有効にします。

 

Webサイトで複数の外部リンクを使用する場合(たとえば、広告ネットワークと共同機能する場合)、このパラメータを使用すると、ユーザーがWebサイトを離れる方法を正確に決定できます。

 

外部リンクがクリックされるたびに、特別なイベントがFintezaに送信されます。 このようなイベントのレポートは、ウェブサイトのページ-イグジットセクションで Fintezaパネル で入手できます。

timeOnPage

boolean

ユーザーがWebページに滞在した時間を正確に計算できるようにします。

 

デフォルトでは、パラメータはインプット時間と内部遷移時間の差として計算されます。 ただし、最後にアクセスしたページでは、次の内部Webページへの移行がないため、このような計算は不可能です。

 

有効にすると、JavaScriptクライアントは特別なイベントをFintezaに送信し、ユーザーがまだ15秒ごとにWebページにいることを通知します。 したがって、単一ビューの場合でも、使用時間をより正確に追跡できます。

 

イベントは、ユーザーがWebページに費やした最初の2分間のみ送信されます。

追加のパラメータを有効にする例:

fz( "register""website", {
    "id":"cacgfaknbbubiozaeidyvhoisrajbdvjqg",
    "trackHash"true,
    "trackLinks"true,
    "accurateBounceRate"true,
   "timeOnPage"    true 
} );

コンテンツ セキュリティ ポリシーを使用する場合 #

コンテンツセキュリティポリシー は、Webサイトページへの悪意のあるコードの導入に関連する攻撃を防ぐように設計されています。 このセキュリティポリシーを使用する場合は、Finteza追跡スクリプトがダウンロードされるWebサイトに例外を追加します。たとえば、次のように、各Webページヘッダの対応する宣言とともに文字列に追加します。

Content-Security-Policy: script-src 'self' content.mql5.com;

そうしないと、ブラウザがcore.jsの読み込みをブロックするため、ウェブサイトの統計情報の収集が無効になります。

X-DNS-Prefetch-Control を使用したダウンロードの高速化 #

追跡スクリプトのダウンロードを高速化するには、すべてのWebサイトページのヘッダに X-DNS-Prefetch-Control オーダーを追加することをお勧めします。

<meta http-equiv='x-dns-prefetch-control' content='on'>
<link rel='dns-prefetch' href='https://content.mql5.com'>

スクリプトの場所をブラウザに表示するので、スクリプト自体をダウンロードするときに時間を費やすことなく、すぐに(Webページをダウンロードするときに)アドレスを解決できます。

Webサイト経由でスクリプトダウンロードをプロキシする #

Fintezaスクリプトのダウンロードがブロックされないようにするには、Webサイト経由で プロキシ を使用することをお勧めします。