統合イベントの送信

イベントの送信

SDKでは、ユーザーアクションデータ、データベースステータス、パフォーマンスインジケータなど、Webサイトのサーバー部分からFintezaにイベントを送信できます。 FintezaAnalytics::event() メソッドがその役割です。

//インポート
include"{SDK_PATH}\finteza-analytics.php" );
 
//イベントを送信します
FintezaAnalytics::event( array(
    'name' => '{EVENT}',
    'websiteId' => '{WEBSITE_ID}'
) );

パスを {SDK_PATH} に設定して、SDKファイルを含めます。 次に、パラメータを指定して FintezaAnalytics::event() を呼び出します。

パラメータ

タイプ

詳細

name *

string

イベント名 最大長は128シンボルです。

websiteId *

string

ウェブサイトID。 Fintezaパネル のWebサイト設定(IDフィールド)で取得できます。

url

string

Fintezaサーバーのアドレス。 通常のケースでは、変更しないでください。

referer

string

すべてのイベントは、 websiteId を使用してFinteza側のカウンタ(Webサイト)にバインドされます。 システムは、イベントが到着したホストがカウンタホストに対応することを確認します(Fintezaパネル のWebサイト設定で指定されます)。 これより、トラフィックの増大を防ぎます。

 

デフォルトでは、SDKが動作する(自動的に定義される)ホストは、イベントの送信時に指定されます。 必要に応じて、  referer  パラメータを使用して再定義できます。

* —必須パラメータ。

イベントパラメータの追加データ #

Fintezaに送信されるイベントでは、追加のデータをパラメータとして指定できます。たとえば、購入した商品の種類、価格、通貨などです。

FintezaAnalytics::event( array(
    'name' => '{EVENT}',
    'websiteId' => '{WEBSITE_ID}'
    'unit' => '{UNIT}',
    'value' => '{VALUE}'
) );

イベント名とWebサイトIDを設定し、追加のパラメータを指定します。

パラメータ

タイプ

詳細

unit

string

パラメータ測定単位、たとえば、USD、アイテムなど。 最大長は32シンボルです。

value

number

パラメータ値。 最大長は64シンボルです。

例:

FintezaAnalytics::event( array(
    'name' => 'SERVER+TRACK+PURCHASE',
    'websiteId' => 'sbnopromrvdebluwjzylmbhfkrmiabtqpc'
    'unit' => 'USD',
    'value' => '100'
) );