統合インストールと初期化

インストールと初期化

Finteza SDKの操作には、Android 4.0.3(APIレベル15)以上および com.android.installreferrer:installreferrer ライブラリが必要です。 SDK は、Gradleを使用してインストールすることも、パッケージを https://bintray.com/finteza/maven/finteza-sdk でダウンロードして手動でインストールすることもできます。

Gradle経由のインストール #

Finteza SDKを接続するには、 build.gradle ファイルの 独立 セクションに次の依存関係を追加します

dependencies {
   // ...その他の依存関係
    implementation 'net.metaquotes.finteza:finteza-sdk:+'
}

Manual installation #

最新のSDKバージョンを  jarファイルとしてダウンロードし、プロジェクトの libs ディレクトリにコピーします。 次に、SDK jarファイルをライブラリとしてプロジェクトに追加します。

プロジェクトマニフェストに次のサービスを追加します。

<service android:name="net.metaquotes.FintezaService" />

アクセス許可を追加します。

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
<uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />

次に、次の依存関係を build.gradle ファイルに追加します:

dependencies {
   // ...その他の依存関係
    implementation 'com.android.installreferrer:installreferrer:1.0'
}

アプリケーションでのSDKの初期化

初期化するには、 Application.onCreate またはで Finteza.initialize メソッドを呼び出します

Finteza.initialize(getApplication(), "{WEBSITE_ID}""{WEBSITE_URL}""{PRODUCT}");

ウェブサイトIDを {WEBSITE_ID} に設定します。Fintezaパネル のWebサイト設定(IDフィールド)で取得できます。 次に、パラメータを設定します。

パラメータ

タイプ

詳細

site

string

"my.site.com"などのウェブサイトのドメイン名。

product

string

アプリケーションによってFintezaに送信されたイベントにラベルを付けるためのプレフィックスとして使用するプロダクト名。

 

PC、iOS、Androidなどのアプリがある場合、異なるプラットフォーム間でイベントを分離するために必要になる場合があります。 たとえば、「Androidアプリ」プロダクトと send 「登録」イベントを指定した場合、Fintezaの最終的なイベント名は「Androidアプリ登録」になります。

 

プレフィックスを使用しないように、 null を設定します。

Application launch events #

次のコードを Activity.onCreate に追加します:

Finteza.activate()

最初のアプリケーションの起動時にアクティブ化が呼び出されると、SDK は "インストール完了" イベントを Finteza に送信します (製品プレフィックスが指定されている場合は、"{PRODUCT} インストール完了" が送信されます)。

また、 activate を呼び出すと、新しいタスクセッションが開始され、「セッション開始」イベントが登録されます(プロダクトプレフィックスが設定されている場合は、"{PRODUCT} Session Start")

ユーザーがアプリケーションを離れると、現在のセッションは終了します。 次回アプリケーションが起動/アクティブ化されると、新しいセッションが開始されます。


デバッグメッセージ #

SDKの動作をテストするために、メッセージタイプでフィルタリングされた開発者コンソールへのデバッグ情報の出力を有効にできます。

イベントのみ

Finteza.addLogging(LogUtil.LogLevel.EVENTS);

完全なログ

Finteza.addLogging(LogUtil.LogLevel.ALL);

エラーのみ

Finteza.addLogging(LogUtil.LogLevel.ERROR);

デバッグメッセージを無効にするには、以下を呼び出します。

Finteza.addLogging(LogUtil.LogLevel.NONE);

Example

次のデバッグメッセージは、 activate メソッド呼び出しがないため、イベント送信エラーを示します。

[イベント] 'Book Load'を送信できません:最初に 'activate'メソッドを呼び出します