最も速いWebサイトを持っている国 — Fintezaインフォグラフィック

マーケティングリソース

2019年12月6日

Fintezaは、2019年11月に8億5,000万人のユーザの合計120億ページでの待ち時間を調査しました。

平均負荷分散の中央値は、通常のPCまたはラップトップで4.3秒、モバイルデバイスでは5.5秒でした。世界最大の企業が実施した調査によると、これはかなりの遅延であり、コンバージョン率に影響する可能性があります。

たとえば、Akamaiによると、読み込みに3秒以上かかるとモバイルデバイスユーザの53%がWebサイトを離れます(我々の推測によると、このようなWebサイトは全体の91%を占めます)。別の調査では、Akamaiの専門家は、1秒ごとの遅延により、コンバージョン率がPCとラップトップで21.8%、モバイルデバイスで20.5%、タブレットで17.8%低下すると結論付けました。

Googleの研究者は、読み込みが5秒を超えると訪問者がWebサイトを離れる可能性は90%増加すると主張しています。6秒を超えると、増加は106%になります。

逆に、Walmartの小売アナリストによると、Webページの読み込み速度が1秒低下すると、コンバージョン率は2%増加します

以下はその他の興味深い研究結果です。

  • Webサイトは、画像、スクリプト、Ajax(この技術は、Webサイトが更新なしでバックグラウンドでサーバとデータを交換するのに役立ちます)によって最も顕著に減速します
  • 最も速いWebサイトはヨーロッパにあります
  • 最も遅いWebサイトはアジアとアフリカにあります
  • 世界中のWebサイトのうち6秒で読み込みできるのは46%のみであり(ビジネスにとっては5秒でさえ危機的でありえます)、3秒未満で読み込みできるWebサイトは9%のみです

Fintezaインフォグラフィック

優れたコンテンツと興味深いオファーだけではもはや十分ではありません。消費者は何十ものウェブサイトにアクセスするため、遅滞なくオファーを提供することが必要です。今日、時間は単にお金ではなく、1秒あたり数十億ドルです。Amazonは、1秒のページ読み込みの遅延により、年間16億米ドルを損失したと推定しています。

Fintezaは、Webサイト読み込みの待ち時間を決定するのに役立ちます。 以下が明らかになります。

  • すべてのWebページ機能にアクセスするのにかかる時間
  • どのタイプのリソースがWebページを最も遅くしているか
  • さまざまな国およびさまざまなデバイスでのWebサイトの読み込み方法

重いコンテンツの削除、遅いサービスの置き換え、CDNの使用など、検出された問題はいつでも修正できますが、これには信頼できる診断と実際の分析データの利用が必要です。

Fintezaを試して、Webサイトの読み込み速度をご確認ください。登録すると、30日間無料でサービスをご使用いただけます。


自分のWebサイトを確認する